ANZU LIFE

柴犬あんずとの生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

変形性脊椎症

散歩の時に立った姿勢でいると後ろ足に震えが出るあんずさん。
11歳位から時々それが見られるようになって、一度受診した際に今後痛みが出ているようならレントゲンを、と指示されていました。特に酷くなったわけではないのですが、留守番時の玄関おしっこや最近なんとなく元気がない(活気がない)様な気がして受診しました。

全身チェックと尿検査、血液検査、レントゲンを実施。
尿・血液検査は全て異常なし。
また、先日赤みがあった歯茎は赤みが消えてきたので引き続き様子見。

でもレントゲンでは背中の真ん中辺りの脊椎にとげのような変形が見られ、変形性脊椎症と診断されました。
11歳頃から出てきたように思うので老化によるものかもしれません。
とげのように変形した脊椎は神経を刺激したり、筋肉の踏ん張りがきかなくなるそう。
筋肉の踏ん張りがきかず、おしっこの際に完全に出来らずに膀胱炎になる子もいるとのことで、あんずももしかしたら残尿感があり玄関でしてしまっていることも考えられるみたい。脚の震えや痛みと同時に毎日のおしっこと飲水もよく見ておくように言われました。レントゲン写真でのそれ以外の異常はなし。

これによる痛みや歩行困難が出る場合には、鎮痛剤やステロイドの使用で対処療法するしかありません。
あんずはIBDもあり胃腸に負担をかけたくないので、まずはサプリメントをトライすることになりました。
「アンチノール」というサプリ。ニュージーランドの貝から抽出した天然の脂肪酸だそう。
骨・血管・皮膚などの抗炎症作用などがあるらしく早い場合は2週間位で効果が出ることもあるそう。

あんずの場合は、後ろ足の震えが完全に止まることよりもこれ以上酷くしないことを目的にサプリを続けてみようと思います。
体重少し減り7.8㎏。

s-200912 144
s-200912 181
スポンサーサイト
  1. 2015/06/30(火) 13:08:09|
  2. 獣医さん通院(IBD以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歯肉炎

あんずの左上奥の歯茎に赤みがあるのがずっと気になっていました。
食後の歯ブラシがそこに当たるのを嫌がるのもあり、獣医さんへ。

歯茎全体はとても綺麗とほめられました。あんずと一緒に歯磨きを頑張ってきた甲斐があります。
左上奥の部分だけに歯肉炎と思われる赤みがあるので7日間抗生剤(タリビット)を内服して赤みが消えるか様子を見ることになりました。赤みが消えない場合は麻酔して歯石取りと歯周ポケットそうじになるかもしれませんが、全体的に歯石が少ないのでたぶんその後も様子見かな。体重8.1㎏
s-DSC04575.jpg
  1. 2015/04/25(土) 11:43:01|
  2. 獣医さん通院(IBD以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。