ANZU LIFE

柴犬あんずとの生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あんずさん14歳おめでとう!!

今日はあんずの誕生日。14歳になりました。
14年間一緒に過ごしてきたんだね…それだけで涙が出ます。
犬も50年位生きられたらずっと一緒にいられるのにな・・・。
IBDのコントロールや老化による諸症状もありますが、あんずのペースを大事に元気に過ごせますように☆
s-IMG_1963.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/02/07(火) 19:08:33|
  2. 日々の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

弁膜症による心雑音

IBDでの通院は毎月1度。
シクロスポリンを内服しているので、全身の診察、採血や超音波などをしています。
シクロスポリンは1回25mgを1日おきに内服(朝)、抗生剤のアモキシシリンや胃薬ファモチジンなどを朝晩内服し続けて1年が過ぎました。内服の効果もあり、嘔吐や下痢は無くごくたまに軟便がある程度です。

IBDとは別に今年に入り、聴診で今まで聞こえなかった心雑音が軽くあると診断。
2月で14歳になるので高齢によるもの、とのこと。咳が出ていなければこのまま様子を見ましょうと終わりましたが、数日後偶然にも夜間の咳が2日間続き再度診察。心雑音や心臓の大きさは変わらず問題なし。

しかし元々の気管虚脱(あんずは元々気管が狭い)が進行したことによる咳とのこと。
気管虚脱の進行も年齢によるものですが、軽い風邪などで炎症が起こると今までよりも気管が狭くなりやすいため、咳が出てしまう。一時的に咳止めと抗炎症剤の内服を追加。弁膜症による心臓への負担も軽くするため心臓の薬としてエナラプリルマレイン酸塩も追加(これはずっと飲み続けます)。

なんだか飲む薬が多くなり…毎回飲ませるのも大変です。
でも胃腸の調子は悪化せず穏やかに保てているので、シクロスポリンと抗生剤や胃腸薬類は徐々に減量予定。
ゆっくり楽しく過ごしたいものです。

s-DSC05854.jpg
s-DSC05858.jpg
  1. 2017/02/01(水) 20:08:43|
  2. IBDの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。