ANZU LIFE

柴犬あんずとの生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

胃内視鏡結果、歯石取り結果

あんずさん、昨日半日入院し胃内視鏡検査と歯石取りを済ませました。

歯石取りの結果、左下3・5番目の歯周ポケットが深く歯肉炎が進んでいるとの事で抜歯・・・涙。
それ以外は問題なし。歯ブラシをずっと続けてきたにも関わらずこんな結果に・涙。

胃内視鏡結果はあまり良いものではありませんでした。
食道から空腸まで見て組織検査もしてリンパ腫や悪性腫瘍は無し。
食道と胃は綺麗。でも、胃を出て十二指腸から空腸までの粘膜は全体がびらん状態(ぼつぼつと荒れている)。
綺麗な胃粘膜と比べてもその差は明らか。成熟リンパ球の軽度浸潤もあり。

診断結果は予想通り「慢性小腸炎(IBD)」

内視鏡前の超音波所見は、小腸壁やや厚、膵臓やや腫大、胆泥あり。
先週高値だったリパーゼ(血液検査)は正常値に戻り146、炎症反応も問題なし。やはり膵臓自体は問題ないのだが、小腸などの炎症により膵炎が併発してしまっていた。

アレルギー除去食であるz/d(缶)を食べていても慢性的な炎症があることや(他の除去食もほとんど芳しくない)、今後更に高齢になりリンパ腫や悪性腫瘍の発生確率も上がる事から、ここからの治療として免疫抑制剤「シクロスポリン」とステロイド「プレドニゾロン」の内服を勧められました。ステロイドは短期間使用で、シクロスポリンは量の調整はあるものの一生。始めは1日10mgから。

麻酔から覚醒して不穏なあんずを抱っこしながら先生の話に涙が止まりませんでした。
(帰宅後のあんずの不穏状態がまた大変でした・・・それはまた後日記載します)
シクロスポリンを今日から開始する予定で3日分処方されましたが、どうしてもまだ踏み切れず(もう少し考える時間がほしい。この薬の副作用が怖いのでそれらやあんずの予後に関しての話を先生ともっとしたくて)、とりあえず飲まずに3日後の再診を受ける予定です。

シクロスポリンを内服して皆何年位生きていけているんだろう・・・。
ネットで色々と検索し始めていますがなかなか有益な情報がない。

s2.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/12/10(木) 10:09:22|
  2. IBDの事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ブログ更新が遅くなりました | ホーム | 獣医さんへ(膵炎)>>

コメント

あんずちゃん、あんずちゃんママ、本当にお疲れ様でした。他人事とは思えずコメントを失礼します。本当はあんずちゃんに一番に意見を聞きたいところですよね。ママが納得いくまで先生と絶対にお話しすることに賛成です。大切なあんずちゃんの命を預かっているのはママなんですもの。ママが納得しなきゃ、どんな薬でも飲ませたくないですよね。あんずちゃん、ママにとって一番最良の決定が出来ますように!
  1. 2015/12/10(木) 22:13:29 |
  2. URL |
  3. なずまま #-
  4. [ 編集 ]

あんずちゃん&ママ、お疲れ様でした。
昨年の夏(昨夏では今年の夏になってしまいますね。紛らわしくてすみません)の自分とシンクロします。
うちはz/dはウンが緩くなり低分子プロテインは嘔吐でダメでしたが、セレクトプロテインは合いました(缶ではなくカリカリなので添加物の問題は残りますが)。漢方薬も効いているのかも知れません。
フードも薬も相性があると思いますし、選択の重圧は飼い主が負うしかないのが辛かったです。
良い道が見つかりますように私も心から願っています!
  1. 2015/12/11(金) 08:12:44 |
  2. URL |
  3. 柴犬Jママ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/01/02(土) 17:11:03 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

初めまして。

初めまして、なのですが、愛犬がIBD疑いのため、実は数年前から参考にさせてもらってました(汗)早速ですが、愛犬はステロイドを半年ほど続けても反応が良いとは言えず、獣医さんから免疫抑制剤を勧められました。そこで、どうしても踏み切れず、害にはならないだろうからとステロイドを減薬しつつ漢方薬を試すことに。今はまだ始めたばかりで何とも言えませんが。漢方薬に限らず、杏ちゃんママの迷いを吹っ切る何かが見つかり、納得出来る治療に入れることを願っています。何だかとても心配で、もう解決済みなのでしょうが、あんずちゃんへ応援の気持ちも込めてコメントさせていただきました。
  1. 2016/02/27(土) 01:38:09 |
  2. URL |
  3. 犬頭巾 #-
  4. [ 編集 ]

なずままさんへ

温かいお気持ちのコメントを本当にありがとうございます。大事なあんずへの治療に迷い、不安でしたがお言葉をかけて下さり何度も励まされました。先生ともじっくりとお話しすることが出来、納得した上で免疫抑制剤を開始し今減薬中です。詳細はまたアップしますね。取り急ぎお礼まで・・・。
  1. 2016/03/07(月) 09:28:46 |
  2. URL |
  3. あきこ #-
  4. [ 編集 ]

柴犬Jママさんへ

お返事が遅くなりました。優しいコメントをありがとうございます。同じ病気で苦労している体験をお聞きして励まされました。飼い主の責任が本当に重く、時に決断するのに苦労しますよね。フード選びも同じですね。その子その子に合う方法が皆見つかると良いのですが。今回かなり迷った末、先生に不安や疑問を全て相談し長い時間の診察をして頂きやっと内服に進みました。Jママさんの柴さんも引き続き元気に過ごせますように☆こちらの投薬・治療詳細はまたアップしますね。取り急ぎお礼まで・・・。
  1. 2016/03/07(月) 09:33:25 |
  2. URL |
  3. あきこ #-
  4. [ 編集 ]

犬頭巾さんへ

はじめましてこんにちは。ブログを見て頂きありがとうございます。犬頭巾さんの愛犬さんもIBDなのですね。なかなか情報が少ない中飼い主としては治療や病状が心配になりますよね。今回獣医さんともよく話し、免疫抑制剤の内服に踏み切りました。減薬しながら今のところ体調は良いです。最終的に内服をゼロに出来るよう、ゆっくり頑張りますね。内服量や減薬方法等、詳細をまたアップしますね(なかなかまとまった時間がないのでのんびりとですが・汗)。愛犬さんも元気になれますように☆取り急ぎお礼まで。
  1. 2016/03/07(月) 09:38:44 |
  2. URL |
  3. あきこ #-
  4. [ 編集 ]

サンタママさんへ

今回も温かいお言葉をありがとうございます。
獣医さんとも相談し免疫抑制剤(シクロスポリン)内服を開始しました。今現在減薬中です。
詳細は後日またアップしますね。
あんずはアルブミン等の数値は異常なく、私も内服開始にかなり迷いましたが内視鏡結果、十二指腸のびらん(ぶつぶつとした炎症)が広範囲で、かかりつけの獣医師2人の判断から内服に踏み切りました。内服量は一般よりも少ないですが、やはり効果がありフード量はそのままでも体重が適正に戻りました。毛もふさふさとして吸収がよくなったようです。

サンタママさんがおっしゃるように、あんずは13歳と高齢なので、今後のリンパ腫や膵炎の悪化等々のリスクの方が高いと判断し、免疫抑制剤内服を決断しました。今後も徐々に減薬し様子を見ていきますが、なんとかあんずのペースで元気に過ごせるよう頑張りますね。おすすめのサプリ、まだサイトを見ていませんが見てみますね、ありがとうございます。合う方法が見つかると安心できますね。ゆっくりとですがまたブログを更新しますね。取り急ぎお礼まで☆
あきこ
  1. 2016/03/07(月) 09:54:20 |
  2. URL |
  3. akiko #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anzulife2.blog111.fc2.com/tb.php/231-8832ebbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。